母の行動が「できない」「しない」事実をつくる

Pocket

子どもが片付けてくれない、片付けないを「できる!」に変える専門家
一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所の代表理事 澁川真希です。

「やってくれない」「やらない」は
母の行動のせいかもしれません。

うちの子は片付けない、片付けられない、と思っているとしましょう。

子どもに「片づけなさい」と言っても、なかなかやらないので
最後は、子どもの代わりに片づけてしまう。

そうすると、子どもは最後はお母さんが片づけてくれると思ってやらなくなる。

「片づけないなら捨てるよ!」と言っても、本気で捨てたりしない。

子どもはお母さんは捨てないから、別に片付けなくてもいいやと思い、片付けなくなる。

片づけられるようになって欲しいと思いつつも
「片付けない」「やらない」事実を作っているのは、母の行動によるところが大きいのです。

本当に片づけをして欲しいと願っているなら
そうできるような、片付けしやすい仕組みをつくったり
子どもに片づけを教えたり、片付けできるような声かけをしたりする
工夫をしていくことが大切になってきます。

親は子どもに望むことがあれば、
どうしたら、それのことを実現できるか考えて、行動していないと
望んでいることの逆の「できない」「やらない」方向へ
向かわせてしまいやすいのです。

The following two tabs change content below.

親・子の片づけ教育研究所

最新記事 by 親・子の片づけ教育研究所 (全て見る)

ページの上へ