子どもはわかっています

Pocket

子どもが片付けてくれない、片付けないを「できる!」に変える専門家
一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所の代表理事 澁川真希です。

子どもには、言っても、聞いても
わからないと思っていませんか?

どんなに小さな子どもでも尊重すべき一人の個人です。

例えば、おもちゃを片づけないことにも、
子どもなりの言い分があったり、理由があります。

3歳くらいになると自分が思っていることも
言葉にして伝えることができるようになる年代です。

ミュニケーションが取れるお子さんであれば、
ぜひ話を聞いてみてください。

子どもなりに、片付けで困っていること、思っていること
不満や希望が出てくるはずです。

親が子どものことを、よく見る(観察する)こと
子どもの話をを、よく聞く(聴く)ことで
できないことを出来るに改善する方法が見えてきます。

子どもに聞いてもわからないだろう
言ってもわからないだろう、ではなく

この子はどう思っているのだろう?
話したらわかると親が信じて、関わっていくことが
子どもの持っている力を引き出し、伸ばすことにつながっていくと思います。

The following two tabs change content below.

親・子の片づけ教育研究所

最新記事 by 親・子の片づけ教育研究所 (全て見る)

ページの上へ