子どもに選ばせる経験を

Pocket

子どもが片付けてくれない、片付けないを「できる!」に変える専門家
一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所の代表理事 澁川真希です。

片付けでも、他のことでも
お子さんに選ばせる経験をさせていますか?

おもちゃの整理で「いる」「いらない」とか
洋服を選ぶにしても「着る」「着ない」とか
行動にしても「どっちから」「何からやりたい」とか

親が先回りして選んでいては、
子どもは「選択力」を鍛えることができません。

また、選ばせても、子どもが選んだものを否定していませんか?
それが続くと「どうせ選んでも、お母さんが決めるんでしょ」と
選ぶことに自信が持てないばかりか
選んだ人のせいにしたり、選ぶこと放棄したりしかねません。

選ばせるというのは、親としても覚悟が必要です。
だからこそ、最初はハードルの低いところから、選ぶことを積み重ねていくことが大切。

家庭の片付けにおいて、子どもが大切なものを選ぶ、必要なものを選ぶ
ということを親が変わりにやるのではなく、
子どもの「選択力」を伸ばすためにサポートすることで、
責任を持って自ら「選ぶ」ということができるようになっていきます。

あなたは今を優先して、自分が選びますか?
子どものも未来のために、選ばせますか?

お片付けは子どもの「選択力」を引出し、伸ばす、最適なツールになるのです。

The following two tabs change content below.

親・子の片づけ教育研究所

最新記事 by 親・子の片づけ教育研究所 (全て見る)

ページの上へ