子どもの衣類管理~衣替えの前の〇〇作戦~

Pocket

Vol.33_2018.09.21
親・子の片づけ教育研究所 メールマガジンより


子どもが片付けてくれない、片付けないを「できる!」に変える専門家
一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所の代表理事 澁川真希です。

皆さんのおうちではどんな衣替えをしていますか?
我が家では衣類を見直す機会として
本来の衣替え時期より少し前の春先と秋に実行しています。

衣類を全部出して、ひとつひとつ確認することで
着ない服や着れない服を判断して減らすことができ、
買い足す服を計画できるのが衣替えをするメリットです。

特に自分の好みがはっきりしてくる年代のどもたちには
衣替えの前にやってもらうことがあります。

衣類の数が多いと面倒なのですが…それは

「全部、試着して判断すること」

着ることで着心地やサイズ感、自分の好みかどうかも判断できます
収納していても着ていない服は、その服があることを
どもが認識していない場合があるので試着で認識してもらいます

特におさがり服が多い場合は「試着作戦」おすすめです。

着ると「これは好き、着る~」とか
「これは首のところが苦しいからいや~」とか

自分で確認して判断することで認識し、
次からは着るようになります。
「新しい服を買うから次のシーズンの衣類確認するよ。」と
衣替え前に事前に声掛けしてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

親・子の片づけ教育研究所

最新記事 by 親・子の片づけ教育研究所 (全て見る)

ページの上へ